賃貸敷金ゼロのメリットについて

自宅のリフォームやリノベーションで家財道具を一時的に片付ける時は、仮住まいの賃貸マンションを探して引越しをする人が多いようです。工事中は水回りが使えなかったり、埃や騒音で住めなくなるので仮住まいをした方がいいでしょう。

自宅の近くや交通アクセスの良い賃貸マンションがおすすめですが、一般的な賃貸マンションは、契約する時点で敷金や礼金、仲介手数料などが必要になります。最近は、不動産仲介業者が受け取る仲介手数料を半額にしたり、無料にするサービスもありますが、敷金や礼金などの初期費用がかかります。

一時的に賃貸マンションに引越しをする場合でも、一般的な物件は数か月間だけ居住しても敷金や礼金、仲介手数料が必要になります。1ヶ月から2ヶ月間の仮住まいをするなら、一般の賃貸マンションではなく、定期借家契約か旅館業法で運営している仮住まい用の賃貸マンションを見つけた方がいいでしょう。

仮住まい用に賃貸マンションは、敷金や礼金、仲介手数料がゼロなので、一般の賃貸マンションに入居した場合と比較して入居する時の初期費用を最低限に抑えることができます。たとえば、2ヶ月間入居した場合、入居した日数分の管理費と退去時の清掃費、初回契約手数料、入居期間の賃貸料などが必要です。

仮住まい用の賃貸マンションなら、敷金や礼金、仲介手数料を別途支払う必要がないので、入居にかかる初期費用の負担を軽くすることができます。

Posted in 不動産・賃貸 | Leave a comment